れいの記録

日記ではない

ノイズキャンセリングヘッドホンとFitbitを使ってみた感想

(記事の内容を暖めすぎて、前回から2ヶ月位経ってたので慌てて書きました)

Paypayのキャッシュバックで何を買うべきか。
12月、還元最高額である「10万円」があたってから、ずっと考えていたことである。

購入するもの候補はいろいろとあったのだが、最終的に、以下の2つに落ち着いた。
1 生活の中で使う、普段は手が出ない便利なもの
2 日々の食べ物

1は本題のため、先に2に言及しておくと、去年の11月から一人暮らしを始めたので、日々の食べ物・飲み物を買うのに足しにする、といった具合。

で、今回のメインは1。
キャッシュバックで買ったノイズキャンセリングヘッドホンの話です。 

1 ノイズキャンセリングヘッドホンの機種と感想

買ったノイズキャンセリングヘッドホンは、これです。

色はプラチナシルバーを選びました。 

 

ノイズキャンセリングヘッドホンといえば、SonyBoseというイメージがあり、当然迷ったものの。
家で使いたかったのでiPhoneとの相性はどうでも良かったことと、映画鑑賞やゲームで使う予定なので低音に強いというBoseだと合わないのではないか、と思い、Sony製を購入。
購入したのは1月にキャッシュバックが付与されてすぐでした。

2ヶ月位使ってみた感想としては、
・バッテリーの持ちが長いので(ワイヤレスイヤホンと比べて)、バッテリーの残り時間を意識しないで使える。
・エアコンや外の車の音が聞こえないため、集中できる。
といった感じで重宝してます。

ただ、ヘッドフォンをつけていると頭が痛くなることがあり、長時間使えないのが残念。
他のヘッドフォンでもなるので、体質orメガネのせいだと思うけれども。

外では使わないし、ちゃんとコンテンツに集中したいというときしか使ってないので、あまり頻度高く使ってないのですが、長く使っていきたいと思っています。

2 Fitbitの機種と感想

一人暮らしを始めてから、ポケモンGOをちゃんと頑張るようになりました。
イベントは毎回最低限のタスクはこなしているし、毎日フレンド(主に親)にギフトを送っている。
また、金曜の夜にレイトショーで映画を見て、深夜に家まで歩いて家に帰る、といったこともしている。
(3月1日にグリーン・ブックを見に行ったときもこれで。とても良かった)

で、↑の結果として、歩く歩数が増えてきたので、ちゃんと歩数や心拍数を記録しておきたくなりました。
そこで、ウェアラブルバイスをつけようと思って選んだのが、Fitbit Charge 2でした。

 

ただ、これを買って家に帰ってから調べてみると、次のバージョンである「Fitbit Charge 3」がすでに出ていて、しかも値段も変わっていなかったので、この時点ではかなり後悔をしていました。

 

でも実際に付けて見ると割と気にいったこと、バージョンアップでいいなあと思った機能がバッテリー時間のみだったので、まあなんとかなるかな、と思いそのまま使い続けました。

こちらを購入したのは約1ヶ月前で、ちょうどグリーン・ブックを見に行った日でした。
1ヶ月使ってみた感想としては、
・歩数や心拍数だけでなく、睡眠の質の測定やアラームなどでいろいろと重宝する
・付けていても全然気にならないので、自然とずっと付けていられる
という感じ。

(歩く以外の運動はしていないけど)健康的に生きていきたいと思っているので、計測し続けたいと思います。

3 次に書くもの

Paypayのキャッシュバックで買ったものの話は以上。
次は、新年度の話か、新型iPad miniを予約した(まだ届いてない)ので、その話を書きたい。
やりたいことが多すぎて(今月はシャニマスグラブルをやり過ぎて)時間がないので、どうやって整理しようかな、と思いつつ。
今はとりあえず各種ゲームのエイプリルフールイベントを楽しみにしたいと思います。

それでは。

 

 ちょっとずつ見てます。

 

 昨日買って使ってるけど、便利です。

Amazonの評価は低いけど、今のところ問題なし。

2019年を迎えちゃった/年末年始に触れたコンテンツ

はじめに

気がつけば年末年始が過ぎ去り、長期休暇も終わりを告げようとしている。

一人暮らしを始めれば自由に使える時間が増え、いろいろと作業が捗ると考えていた。

例えば、ブログを更新するだとか、積んでいる本やゲームを消化するだとか。

 

ただ、当たり前といえば当たり前なのだが、それだけでは何も為せるはずもなく。

時間の使い方を考えなければならないなー、と思ったのであった。

(曜日によってやることを決めておくとか、休みの前にやりたいことをリストにして達成度を出すとか、いろいろと考えてはいるものの、どれもめんどくさくてやらなくなりそうなので、もっと自分にあった方法を考え中)

 

年末年始に触れたコンテンツ

さて、ここからが本題。

年末年始、なんだかんだ言いつつも良いコンテンツに触れる時間は取れていたので、簡単に紹介します。

 

映画「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)


「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」予告編(30秒)

スポットライト 世紀のスクープ」のマイケル・キートンがとても良かったので、出演作を他にも見たいな、と元々思っていた作品。

タイトルを見ても、予告を見ても、全く内容がわからなかったので、とにかく見てみた結果、大ハマリしてしまった。

長回しのシーンが元々好きなので、この映画がほぼノンストップで進行するところにまず惹かれ、更にマイケル・キートンの精神不安定な感じがとても良くて、とにかく目が離せない映画だった。

定期的に見返したい映画。

 

アイドルマスター シャイニーカラーズ

ほぼほぼログインだけする程度のやる気だったものの、年末年始でやる気が復活。

12月に出たCDや、「営業」が追加されたアップデート、シャニマスをやっている配信を見たりなど、いろいろな要因が重なった結果、シャニマスもっとちゃんとやらないとな、と感じた次第。

ガシャ運も結構良い(クリスマス・お正月で限定キャラを引けている)、というのもやる気が出ている理由の一つかも。

 

Marvel’s Spider-Man

Paypayのキャッシュバックキャンペーンと、PS4のソフト2本もらえるキャンペーンが重なった結果、まんまと乗せられてPS4を購入。

スパイダーマンと「Horizon Zero Dawn」をもらったものの、年末年始はスパイダーマンだけプレイし続けていた。

自分の中のスパイダーマン知識が、MCU作品に出てくるスパイダーマンの知識だけなので、敵キャラやメイおばさん等のサブキャラを全く知らなかったし、そもそもスパイダーマンの年齢も全く違ったけれども、かなり楽しむことができた。

とにかく、移動しているだけで楽しいゲームだったのがまず良かったし、ストーリーもちゃんと面白く、戦闘も(難しいけど)スパイダーマンらしく戦うことができて楽しい。

また、デアデビルの二人の事務所や、ドクター・ストレンジの建物、アベンジャーズ・タワーなど、どこかで見たことがある建物がたくさん出てきて、それを見て回るのも楽しかった。

DLCはまだプレイしてないものの、近々スパイダーマンの映画を見る予定なので、その後にプレイしたい。

 

おまけ:紅閻魔(Fate/grand order


【FGO】紅閻魔(宝具+EXアタック)【期間限定イベント「雀のお宿の活動日誌~閻魔亭繁盛記~」】

元々、久野美咲さんの声は、バトルガールハイスクールの桜やズヴィズダーで好きだった。

その声を、現在最も時間をかけてプレイしているFGOで聞くことができた、という点がまず良かった。

また、イベントのシナリオで見せる紅閻魔の真面目さと面倒見の良さ、昔話との相乗効果による深みなどがあり、かなり好きなサーヴァントでした。

特に、宝具は「イェーイ」も含めて必聴。

 

おわりに

一人暮らしを始めたことで生活は変化したものの、他に色々としたい事ができる環境作りが必要だな、と感じた年末年始でした。

とりあえず、年末に読んだ瞑想の記事を参考にして、思考を整理するところから始めようかな、と思います。

瞑想を始めたい人に。ビル・ゲイツの瞑想の師によるTEDトークから「10分瞑想」とは何かを知る | ライフハッカー[日本版]

 

次回は、Paypayのキャッシュバックで買ったものについて書きたいので、10日以降に更新する予定です。

それでは。

 

※ほしいものリストを作ったので、何か買ってくださると、喜びます。

http://amzn.asia/eFxt2JX

 

TSU-BO HEAD/ツボ・ヘッド ホワイト

TSU-BO HEAD/ツボ・ヘッド ホワイト

 

 クリスマスのにじさんじJK組生放送を見て買ったこれ、なかなか良かったです。

一人暮らしはじめました

はじめに

11月22日から一人暮らしを始めました。

20年以上、ずーっと実家ぐらしをしていたので、いわゆる独り立ちってやつです。


で、2週間位一人暮らしをして感じたことを、書き留めておこうかな、というのが今回の記事です。

 

<本題の前に>
ほしいものリストを作りました。
一度やってみたかったので、何か買ってやってもいいよ、という方がいたらお願いします。

http://amzn.asia/dGwVHtJ


1 通勤時間が短くなって、自分でコントロールできる時間が増えたものの……

一人暮らしをしたかった一番の理由は、通勤時間。
1時間半かけて通勤していたので、それを短縮したかった。


一人暮らしを始め、目論見通り1時間くらい通勤時間が短縮できたものの…。
実家では親にやってもらっていたことを自分でやらなきゃいけないし。
時間に余裕ができた分、寝る時間が増えたりして。
思った以上に時間の短縮にはならなかった。


2 結局やりたいことが多すぎていろいろできない

一人暮らしをしたかった2つ目の理由は、やりたいことをやりたいときにやりたい、ということ。
家族が起きているから音を抑えてゲームをしなきゃとか、
好きな時間に映画を見に行けなかったりなど、
結構制限されてるなあと感じてしまうことがあった。


一人暮らしを始めてからは、そういった事を気にせずにいろいろとできているものの、
やりたいことが多すぎて結局思ったようにはいかない。
ゲーム、映画、読書、アニメ等に触れるだけで時間が過ぎ去り、
ゲームを作ったり文章を書いたりといったことに時間を使えていない。


結局、自律というか、何をやるかメリハリをつけるという習慣を身に着けないと、時間の使い方を改善はできないんだなあと感じている。

 

大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL - Switch

大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL - Switch

 

 スマブラを深夜にやっても大丈夫。


3 食事は意外となんとかなる(健康を保てているかどうかは別として)

一人暮らしの一番の心配事は、食事だった。
ちゃんとバランスよく食べられるか? ということと、
食費をかけすぎないか?ということが心配だった。


ただ、今のところは(たぶん)何とかなっている。
朝はフルーツグラノーラなどを食べ、昼は会社近くで買って食べ、夜はパスタ+一品。


栄養バランスと、食費を一定に抑えるために、全食COMPにしようかな、なども考えていたけど、一旦は今の食事でやっていけそう。
朝ごはんをCOMPにすることは考え中。


4 インフラ代が心配

目下の一番の心配事はこれ。
電気水道ガスにネット代、更に家賃も払わなければいけないわけで、一人暮らしの頃の出費と比べるとだいぶ増えてしまう。
まだ、支払いのタイミングが来ていないから、いったいいくらになるのかが見えていなくて、不安は募っている。


まあ、短期的にはボーナスの時期だからなんとかなるんだけども……。

 

 

終わりに

というわけで、とりとめもなく一人暮らしの所感を書いてみた。


これまではあまり考えてこなかった、時間+金の使い方を常に頭に置きつつ、とりあえず無事に年末年始を迎えられるようにがんばります。
それでは。

 

<ほしいものリスト再掲>

もしよければ、お願いします。

http://amzn.asia/dGwVHtJ

 

 

 リズと青い鳥はいいぞ。

仮面ライダービルドがもたらした平和(ただの感想記事です)

仮面ライダービルド」

創る、形成するという意味のビルドは、今週の日曜日(8月26日)に最終回を迎えた。


【新番組】仮面ライダービルド 予告 Kamen Rider Build Preview

昨年のエグゼイドに続いて、またも大ハマリした作品だった。 天才物理学者、スカイウォール、パンドラボックスなどの科学・神話的要素から、「みーたん」や「佐藤太郎」といったアクの強いキャラ、そしてなんといっても各ライダーたちの魅力によって、とても面白い作品になっていたと思う。 (「夜は焼き肉っしょ!」などの名言も多い)

というわけで、ビルドのここが良かった! という点を振り返り、9月2日から始まる「仮面ライダージオウ」に向けて気持ちを整理したいと思う。

第一話のライダーキック

一応、高校で物理を選択した身としては、「そうはならないでしょ」というキックだった。


仮面ライダービルド變身型態 全騎士必殺技

しかし、かっこよければ問題ない。 ビルドは第一話から明確に、「物理」がテーマになってるよ! ということを「物理法則に反した形」で示したのである。 この、面白くするためになんでもする、という感覚は、一話以降のビルドでも度々感じさせてくるところで、そこが好きだったんだなあ(しみじみ)。

ラブ&ピースと万丈龍我

仮面ライダー平成ジェネレーションズ FINAL」は、とにかくビルドの二人、特に「万丈龍我」にスポットが当たった映画で、それと同時に「仮面ライダー」そのものもテーマになっていた。 なぜ、仮面ライダーは絶望的な状況になっても戦えるのか? 桐生戦兎曰くそれは、「ラブ&ピース」のため。 なんの説明にもなってないじゃん、と思いつつも、その「言葉」の力や演技によって、何故か納得させられてしまう。 そして、映画の後の本編でもそのテーマは再び登場し、今度は万丈が戦兎にライダーを説く。 やっぱ、ビルド、いいなあ(2回め)。

幻徳とカズミン(と内海)

初めは敵、そして後から味方になるライダーと言えば記憶にあたらしいのが、仮面ライダーエグゼイドに登場した「檀黎斗」または「檀黎斗神」または「神檀黎斗」。 しかし、映画やVシネマでは再び敵になるなど、なかなか食えない存在だった。 一方、ビルドで後から仲間になるのは、北都代表として登場する仮面ライダーグリス「猿渡一海」と、ファウストの設立者の一人でありナイトローグとして敵対した仮面ライダーローグ「氷室幻徳」。 しかし、この二人、一度味方になるとまあいい奴になっちゃって、カズミンが(仲間の敵の)幻徳を許したときなんて、笑いが溢れてしまった。 まあ、ラスボスであるエボルトが絶対的悪だったからかもしれないけど、それにしたって変わりすぎ。 でも、スカイウォールのせいだから仕方ない。

そして内海は、東都の幹部だったり難波の手下だったりエボルの手下だったり二転三転して、最期は結局かっこいいんだもの。 物語の整合性よりもキャラの見せ場を優先したビルド、素晴らしい。

桐生戦兎と平行世界

そしてなんといっても桐生戦兎は、葛城巧としての記憶を消した「正義のヒーロー」として、それを貫き通すことで「桐生戦兎」としての自分を守りつつも「科学者」の理想を追い求めた人間として、本当にかっこよかった。 そして、最後に選んだエボルトを倒す手段「平行世界を繋げて一つにする」がとても良くてですね。 平成ライダージェネレーションズFINALで阻止した、最上魁星による「2つの世界をぶつけて消滅させる」という「悪事」に類似した手段を用いつつも、結果としては真逆の「全人類を救う」を導き出したことで、「科学」には善も悪もなく、使う人間によっていかようにも変わる、というこの作品自体のテーマを最も鮮明に表したものなのではないでしょうか。

また、メタ的な視点で言えば、ディケイドでは各ライダーの世界は平行世界だった(はず?)なのに、その後の平成ライダーでは当たり前のように共演が行われることについて、ビルド単体としては「平行世界とつながったから」で説明ができるなあ、という意味でも完璧。

終わりに

というわけで、いかに「仮面ライダービルド」が素晴らしい作品だったかを証明してきたわけだが、ここで問題になるのは2つ。

1つ目は、「仮面ライダージオウ」。 ディケイドは、各ライダーの世界を破壊するという目的が裏にありつつ、門矢士の世界を探すために世界を旅していた。 それに対してジオウは、「王」になるらしいのだが、ジオウと各ライダーの世界の関係、ジオウと敵対する(ゲイツ以外の)敵など、気になる点が多い。 そのジオウが初めに出会うのがビルドということで、ビルドがどのようにジオウと関わるのか。 先輩としてか、あるいは「正義のヒーロー」としてなのか・・・。

2つ目は、仮面ライダークローズのVシネマ。 エボルトの来なかった世界で、「なぜ変身するのか」「他のライダーの登場は」「戦兎と万丈はどのように暮らしているのか」など、気になる点が多い。 ジオウでそこの辺りが描かれるのか、あるいはVシネマまで待たねばならないのか。

いずれにしても、とにかく9月2日を楽しみにしつつ、「Be the one」というタイトルの通り、2つの世界を1つにしたんだなあ、と今思いついた感動を分かち合いつつ、また次回。 それでは。

夜と海 1 (芳文社コミックス)

夜と海 1 (芳文社コミックス)

↑最近読んでめっちゃ良かった漫画も宣伝

8月になったので、いろいろと感想を書く

連日の暑さに完全に負け、毎日ダラダラと日々を過ごしております。 とはいえそんな中でも、それなりにコンテンツを消化しているので、ここらでいっちょまとめて感想を書いておこう、とまあそういう次第です。

当初は、7月に見た作品の感想を月末に書く、という記事するつもりが、気がついたら8月になっていた、という感じの記事になっています。

以下、ネタバレ等全く考慮していないのでご注意を。

ジュラシック・ワールド 炎の王国(2018)


『ジュラシック・ワールド/炎の王国 』第一弾予告映像

ラストの「Welcome to the Jurassic World」という台詞を聞いたとき、この映画を見てよかった、と思った。 そのラストの言葉の価値を高めるために本編があったのでは、と思うくらい、本編はあまり好きではなかったのだが、マルコム博士によってジュラシックシリーズで2番めに好きな作品と言ってもいいくらいになった(一位は「ジュラシック・ワールド」)。 正直なところ、「炎の王国」を抜け出すまではワクワクしていたのだが、その後は「いつこの屋敷のパートが終わるんだろう」と思っていたら最後までそこで終わってしまった。 新しい恐竜は怖くはあったのだが、「ブルー」や前作の恐竜に比べると、「頭の良さ」が出ていなくて、期待ほどではないな、となってしまった。 あたかも、作中の客と同じように。

ただ、繰り返しになってしまうが「Welcome to the Jurassic World」という台詞がすばらしくて、これによって3作目で描かれる世界の幅が広がったと思うので、ジュラシックシリーズ3作目は大いに期待したい。

あと、細かいところだけれども、サブタイトルが「炎の王国」じゃなくて原題の「Fallen Kingdom」だったらなー、とも感じた。 「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス」や「マイティ・ソー バトルロイヤル」でも似たようなことを感じたけど、原題と全く違う意味のタイトルになっていると、タイトルから受ける印象と作品から受ける印象に差異ができてしまうので・・・。

機動警察パトレイバー TV版〜パト2


Mobile Police Patlabor 1988 (Early Days OVA) - opening [HD] Remastered

だいぶ前に、初期OVA+劇場版1を見ていたのだが、満を持してTV版+新OVAパト2まで通して見ることができた。 そして思ったのは、初期OVAの「二課の一番長い日」が大好きだったので、その系統の話は少なかったなー、ということ。 野明と香貫花が飲み比べる回とか、幽霊が出る建物の回など、いわゆる日常回に近いものが結構多かったので、まあそこは期待と違ったかな、と。 そういう意味では、後半のグリフォン編は結構好きだった。 「二課の一番長い日」や劇場版2作にも通じるのだが、現代日本で「兵器」をどのように扱えばよいのか? みたいな話がもっと見たくて、そういう意味では結局「パト2」を何度も見ろ、ということになるのかもしれない。

ただ、パト2は少し肌に合わないなと感じたので、今度もう一度見てみたいと思っている。 パト2は、後藤隊長と進士はとても良かった。

ハン・ソロ

スター・ウォーズの外伝作品がキャンセルになるほど不評だという前評判を聞いて見に行ったものの、ちゃんと面白くて驚いてしまったこの作品。 ただまあ、「ハン・ソロ」か?と問われると、「違う」と答えてしまう内容ではあった。 やっぱり、ハン・ソロといえばハリソン・フォードなので、いくら若い時の話とはいえども、やはりハリソン・フォード並みの凄みを求めてしまう。 ハン・ソロの物語というよりは、原作に出てきた「ランド」の過去、ドルイドとの絆、ミレニアム・ファルコンを賭けで手に入れた、あたりの話として、良いものだったと思う。

気になっているのは、ハン・ソロを裏切ってダークサイドに行ってしまったキーラ。 本編に出ているキャラでもないし、ネット上の感想を見た限りでは今後の外伝で二人の関係の結末が描かれるのでは? みたいなことも書いてあったけど、続編が出ない可能性があるのでどうなることか・・・。

私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!

ここ数ヶ月、Twitter上でとある話題を見かけていた。 それは、「もこっちがハーレム状態になっている」という話。 自分が読んでいたのは5巻くらいまでなので、「???」と頭に疑問符がついた状態でその話を眺めていた。 なにせ、その頃のもこっちと話す人間は家族とゆうちゃんくらいなもので、他の面々と一言でも話すと「今日は人と話した!」と一人で盛り上がる、そんな存在だったのに。

ということで、先月の13巻発売に合わせたBOOK☆WALKERでのセール(コインバックだったかも)に合わせて、改めて1巻〜13巻を読んでみた。 そして・・・。 これは「百合」だ、という思いにとらわれる者たちの一員になってしまった。

自分が何を言っても伝わらないので、まずは以下のインタビューを読んでもらい、「百合」についての背景を知ってもらいたい。

百合が俺を人間にしてくれた――宮澤伊織インタビュー https://www.hayakawabooks.com/n/n0b70a085dfe0

このインタビューの中で語られている、関係性としての「百合」が、いつの間にか、私モテにはこれでもかというくらい詰め込まれていた。

そして、今の私モテでは、「もこっちを中心に」複雑な関係性を持った「百合」の人間関係が構築されていて、なんだかこう、良いのである。

「百合」を求めて読むと初期が辛いが、もともと初期の作風が好きで読んでいたので、自分にとっては、一粒で二度美味しい状態になっているので、今後はリアルタイムで追いかけていきたい。

(関係ないけど、主に円居挽さん絡みのツイートで現状の私モテについてしったので、円居さんの本も読みたい)

以上。 今月末には、「エクスティンクション 地球奪還」や「ルパパト&ビルド」等の感想も書きたいと思っているので、いずれまた。 暑さを乗り越えられたら、またお会いしましょう。 (ダリフラ最終回を見るのが怖くてまだ見てないので、その感想も書ければ・・・)

「アベンジャーズ インフィニティ・ウォー」の感想をとにかく書いてみた(ネタバレあり)

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」(2018)


アベンジャーズ全滅の危機⁉︎『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』日本版予告


2018年4月29日に鑑賞したこの作品。
まずは、これまでMCUの作品に出演したほとんどのヒーローたちが結集し、戦う姿を見られたことを喜びたい。

しかし今回の作品は、ネタバレをせずに感想を書くのが非常に難しい。
(↓こんな動画もある)


「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」ネタバレ禁止映像


そのため、公開してすぐにネタバレを含んだ感想を公開したくなかったため、一週間おいた今なら良いと思い、書いてみた。

未見の人に一つだけ言っておくとすれば、「MCUすべてを踏まえた上で作られた傑作」だと思っているので、ぜひMCUの映画を全て見た上で、見てもらいたい。

 

※ここから下は、ネタバレを考慮せずに感想を書いています

目次

 

1 過去作のラストや予告への誤解から来る衝撃

まず、過去作との繋がりから。
ソーが主役の3作目、「マイティ・ソー バトルロイヤル(原題: Thor: Ragnarok)」は、全体的に明るい雰囲気の作品だった。
オーディンの最期やヘラとの戦いなど、アズガルドの運命に関わる重い話が本筋であれども、全体的な明るさと、希望を残したラストによって後味の良い作品となっていた。
そう、マイティ・ソー3作目は、ヘラによってアズガルドの地は滅びようとも、民がいれば……という終わり方だったのだ。
で、ここで問題となるのが、エンディング後の挿入シーン。
当時自分が視聴したとき、ここで出くわしたのはラヴェジャーズの宇宙船だと思っていた。
しかし、(感想を書くにあたって調べて知ったのだが)、ここで出会っていたのはサノスの宇宙船だったのだ。

そのため、インフィニティ・ウォーの序盤では、「いきなり全滅してる!ラヴェジャーズはどうなった!?」とか考えていたので、ラヴェジャーズは描かれもせずに全滅してしまったのか……と勝手に思いながら見ていたのだった。
(まあそれを上回る衝撃的なシーンが多くてその気持ちも吹き飛んでしまったけれども)

また、予告編で流れた、ワカンダの戦闘シーン。
そこに出てくる、髭面の男。
本編を見るまで、あれがスティーブ(キャプテン・アメリカ)だと気づいていなかったので、スコットランドのシーンで「あれはスティーブだったのか!!」という気付きを得て、そりゃあバッキーと一緒に戦うんだから他にいないよな、と一人で納得していたのだった。
(余談だが、今回はスティーブが「キャプテン・アメリカ」として盾や衣装を使用しなかったので、「キャプテン・アメリカ」は不参加だと考えている。次のアベンジャーズではトニーと共に、キャプテン・マーベルらと力を合わせた姿を見たい。ドクター・ストレンジ達がどうなるのかは未知数だけれども)

というわけで、本作の序盤は、過去作や予告編への間違った認識が正され続ける中、その中でアズガルド全滅や地球を襲撃したサノスの子どもたちの強さに驚くという、頭の整理がつかない状態だった。

2 時を経ての成長・変化

次に、過去作からの成長・変化が感じられた面々について。

・スカーレット・ウィッチとヴィジョン

いや、予告編を見たときから気になっていたけど、なんでヴィジョンが人間の姿になってたりスカーレットとの仲がかなり進展してたりして、シビル・ウォーからの時の流れを感じさせられた(つい最近見返したので、そんなに時間が経っているという認識がなかった)。
確かに、シビル・ウォーでそんな関係を匂わせていたけれども……。
そして、ヴィジョンの石が当然サノスに狙われることで、悲しいラストへつながってしまったからこそ、序盤の2人のシーンの尊さが高まった気がする。
あと、スカーレットがある意味ヴィジョン以上の強さを発揮していて、ここにも時の流れを感じた。
(パンフレットなどによれば、ブラック・ウィドウに鍛えられたらしいので、さもありなん)

ドクター・ストレンジとウォン

映画「ドクター・ストレンジ」の時から思っていたけど、ウォンはヒーローとともに戦うのに十分な強さを持ってるし、頭もいい。
なので、「マイティ・ソー ラグナロク」で出てこなかったのが残念だったのだが、今回は2人揃って登場して良かった。
(中盤以降はいつの間にか退場してたけど、ドクター・ストレンジが宇宙行っちゃったし一人で地球の拠点を守ったりしていたのだろう)

・ピーターとトニー

シビル・ウォーで引っ張り出され、「スパイダーマン ホーム・カミング」では(勘違いして)アベンジャーズ入りを断ってスーツも新調されなかったが、今回はついに新スーツを着たりアベンジャーズ入りを(宇宙船内で)認められたりなど、ある種の師弟関係が進呈している感じが良かった。
特に、ドクター・ストレンジを助け出すシーンでの協力や(エイリアンを見てないので見なければと思ったシーン)、マンティスとの虫同士の会話などが良くて、単体映画はあまり好きではなかったけどキャラクターとしてはめちゃくちゃ好きだなと思ったのだった。
そしてラストシーンが……(結末については後の項で)。

・話さなかったトニーとスティーブ

今回、序盤のドクター・ストレンジとトニーが会話していたように、シビル・ウォーのラストで渡されたスティーブへの連絡方法が存在していた。
しかし、結局会話の最中にNYが襲撃され、攫われたドクター・ストレンジを助けに行ったためトニーは連絡できず、バナーが連絡することになってしまった。
また、その後のシーンでは宇宙の面々と地球の面々が別々に戦うことになってしまい、一度も話す機会がなかった。
つまり、今回の話はシビル・ウォーでバラバラになったアベンジャーズが、地球の危機で立ち上がらざるを得なかっただけで、まだ「バラバラ」なままだということを表している、と思う。
次のアベンジャーズで、(宇宙にいるトニーがどうやって帰ってくるのか知らないけど)アベンジャーズ再結成を、まず最初にやってくれると信じている。
アイアンマン、キャプテン・アメリカ、ソー、ハルクが揃っているので。

・ネビュラとガモーラ

直前に「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー: リミックス」(原題: Guardians of the Galaxy Vol. 2)を見返していたせいか、ネビュラとガモーラを特に気にして見ていた。
まあ、サノスの子供だという理由もあると思うけれど。
本作では、ガモーラが結構ヒロイン的扱いで、クイルに「もしサノスに捕まったら殺して」というシーンや、その後幻影のサノスを殺して亡き、本物のサノスに捕まるシーン(ここで撃ったクイルは、それでこそクイルだと思った)、そして捕まったネビュラを救うためにソウル・ストーンの場所を吐いてしまう、などなど。
それに対してネビュラは、(前作のラストで殺しに行くとは言ってたけど)あっさりサノスに捕まってるんかい! というシーンを除けば、うまいこと整備士を騙して脱出し、トニーたちと合流して一緒に戦い、最後はトニーと2人……。
ネビュラは、ある意味ガーディアンズ勢の中では一番見せ場があったかもしれない。
共演シーンが少なかったものの、お互いに対する感情は以前より変化しているし、対サノス戦の中での役割もまた、以前とは違うものになっていたと感じたのでした。

3 結末とサノスの話

で、いよいよ結末の話へ。

・本当に実行されてしまった

予告編の段階で、アベンジャーズ最大のピンチとは言われていたし、サノス強そうだし、全員集結する絵がないな、とは思っていた。
でも、まさか。
本当にインフィニティ・ストーンを全部集めるとは。
更にヒーローたちも半数以上が消えてしまうとは。
何というか、「続編あるし、今回はギリギリなんとかなるんじゃない?」みたいなことを考えていた自分の頭を激しく揺さぶられた感覚だった。
しかも本当に「指パッチン」だったし。

タイタンでの戦闘では、ドクター・ストレンジガーディアンズの面々(ネビュラ除く)、そしてピーター。
こういう言い方はどうかと思うけど、彼らの消え方は本当に良くて、訳が分からないことが起きてて消えるしか無い、という時に各キャラクターがどうするのか、が完璧に演じられていたと思う。
特にピーターがトニーにすがりつくところが……。

一方、ワカンダでは、ブラックパンサーやスカーレット、サム、バッキー、グルートが消えてしまったが、ほぼ全員消えることに自覚が無いまま、「気がついたら……」という感じで、これはこれで物悲しさがあった。
特に、ヴィジョンが殺された直後のスカーレットや、消えたサムに気づかずに探し続けるローズなど。

ガーディアンズはロケットのみに

今回消えてしまった面々を見ると、「全人口の半分」が消える中で、ヒーロー達からは「半数以上」が消えてしまった。
それが一番顕著に出ているのはガーディアンズの面々で、まさかのロケットを除いて全滅……。
(ネビュラはガーディアンズに入れていいのか? という感じなのでカウントしていない)
ロケットは(ガーディアンズの面々はみんなそうだけど)一人で戦っていけるタイプじゃないし、周りが知らないやつばかりだし、ワカンダで生き残った面々の中では一番今後が気になっている。

・サノスの苦悩とガモーラ

視聴後に読んだインタビューなどで、今回はサノスが主人公であり、MCUのヒーローたちはそれを邪魔をしているという構成にしている、というのを読んだ。
実際、そう捉えないと納得しづらいシーンが一つあって、それは「ソウル・ストーンを手に入れるためにガモーラを崖から突き落とす」シーンだ。
いやまあ、ソウル・ストーンの手に入れ方の説明とか、その後のガモーラの勝ち誇った感じとか、嫌な雰囲気は匂わせていた。
でも、正直そのシーンを見るまでサノスの中にそんな感情があるとは思っていなかったし、その後のタイタンでの戦闘でもそれを引きずっていて、こいつ単純悪じゃないな……と思ったのだった。
もちろんそれ以前の作品でも単純悪なんてそうそういないんだけど、サノスはそういう存在だと思っていたので……。

・サノスを否定する明確な思想を持たないと勝てないのでは?

サノスはサノスとしての正義をもって、「全人口の半分」を消した。
それに対抗するには、サノスを倒すだけのパワーを持つだけではなくて、それを明確に否定する思想を対抗する側が持たないと、勝てないのではないか? と思わされた。
というのも、次のアベンジャーズでもしサノスを倒せる、となっても、ただ倒すだけだとサノスへの否定になっていなくて、「全人口の半分」を消す以外の、全人類を幸せにする思想、あるいは論理をぶつけないと、「勝利」にはならなさそうだと感じたからだ。
シビル・ウォーで投げかけられた問いから始まったフェーズ3は、その問いへの答えとサノスを否定する思想の提示をすることで、終わってほしい。
そう願っている(たぶんルッソ兄弟なら大丈夫)。

4 アントマンキャプテン・マーベルと……?

じゃあ、次回作における「パワー」の話はどうなるのか。
ドクター・ストレンジが1400万個以上の未来を見た中で見出した一つの「勝利」、フューリーが最後に送った「キャプテン・マーベル」への通信、今回出なかったアントマンホークアイ
未知数の戦略・戦力が多々あれども、そもそもこの後のサノスは戦いに応じるのか?(そもそもどこにいるのか?)とか、消えた人は戻るのか? その場合はヴィジョンやガモーラはどうなるのか?
あるいは、時を戻して解決するなら、どうやって戻すのか? 誰がやるのか?
はたまた、並行宇宙的な話? 消えた人たちの世界が別にあって融合する?
などなど、考え始めるとキリがないし、それぞれについて考察するには「マーベル作品」への知識が足りない。

とにかく今は、過去作を見返したり、来たる「アントマン&ワスプ」や「キャプテン・マーベル」への期待を膨らませ、アベンジャーズ4作目を静かに待ちたい。

結論としては、リアルタイムに視聴することができて本当に良かった、と思わされる作品だったので、ぜひ見るべし、ということで。
以上。
それでは。

P.S. この記事を書いている日はVtuber人狼輝夜月のSHOWROOM配信などを見ていてので、新しい時代が来たなーと言う気分で書いていました。
あと、記事を毎回勢いで書いていて読みづらいのを何とかしたい。

 

めっちゃお得だったんだけど売り切れてた。 

 

 MCUで一番好き&インフィニティ・ウォーの前に見返すべき作品。

「レディ・プレイヤー1」を思い入れのある元ネタで振り返る

「レディ・プレイヤー1」(2018)
(原題:Ready Player One)
 
近未来、仮想世界「オアシス」にしか希望を見いだせなくなった世界で、オアシスの未来をかけた戦いが始まる……。
とか、そんな感じのことを書けばそれっぽいものの、その中身は「ポップカルチャー」への賛歌であり、祝福であり、そしてそれを踏まえた上で、現実への肯定にもなっている。
そんな作品だった。
 
というわけで、映画本編の素晴らしさを伝えたようと思ったのだけれども、作中でメインの要素になっている海外映画やAtari、主要キャラのデザイン元ネタなどについて、「素晴らしい」という言葉でしか表現ができない。
そこで、今回は思い切って自分に引き寄せ、自分が知っている・思い入れがある元ネタについて、作中の時系列順に振り返りたい。
見てない人にはわけわからない感じになってます。
 
(以下、ネタバレあり)
 
 

1. Van Halen - Jump

まず、タイトルロール。
各制作会社のロゴが流れた後、鳴り響く、あのイントロ。
「Jump」Van Halen
 
全く世代ではないが、しかし心に刻まれたこの曲。
この曲が、2045年の世界で流れ、27年後の少年が登場し、そして世界の姿を見せつけられる。
そこは廃墟だらけの世界で、人々は仮想世界に夢中になり、現実は取り残されたまま。
しかし、そこで流れるBGMは1980年台の陽気な楽曲で、その対比がとても良い。
 

2. Minecraft

さて、世界は酷い有様だけれども、人々を夢中にさせる仮想世界「オアシス」。
その紹介映像で、唯一ロゴが出てくる実在するゲーム。
それが「Minecraft」。
誰かに作られた世界、というだけではなく、プレイヤーが自由に何でも作ることのできる世界でもある、という象徴の一つとしてMinecraftが出てきたのだろう。
 

3. 金田のバイク

パーシヴァルやエイチの色々と好きなものが混ざったアバター(FFくらいしかわからないけど)や、ハローキティなどが出てくるし、ドゥームの世界はそのまんま「DOOM」で、めっちゃ色々出てくるなー、と序盤から感じていた。
しかし、第1の試練開始までで一番驚いたのは、アルテミスが乗る「金田のバイク」。
海外で人気が有ることも知ってるし、AKIRAは好きだけれども、いやなんか普通に出てきましたね、という感じ。
バック・トゥ・ザ・フューチャーを見ていないのでデロリアンには気づかず)
その後のレースシーンでただただかっこよいアルテミスだけれも、「金田のバイク」という単語が出てきたがために、アルテミスの印象が「めちゃくちゃかっこいいオタク」になってしまった。
 

4. ジュラシック・パークのティラノ(とキングコング

スピルバーグが監督する作品で、これを出してくるか! という意味で、ティラノが出てきたシーンは熱かった。
もちろん、原作とは違って生き物ではなくお邪魔キャラとしての動きをしているのだが、その外見や凶暴さは「ジュラシック・パーク」の興奮を思い出した。
そしてキングコングは、巨大なキャラでニューヨークを自由に動き回って敵となるキャラクターなんて、これしか思いつかないよなあという意味で、納得感があった。
 
アイアン・ジャイアントを知らなくて、鉄人28号かな?と思ってたので、不勉強を恥じた(というだけの項目)。
 

5. Bee Gees - Stayin' Alive

 第1の試練が終わることにはすっかりパーシヴァルに感情移入していて、アルテミスとダンスに行くのに舞い上がってるシーンも「わかる」としか思えなかった。
(いや、本当にリアルも含めてアルテミスはパーシヴァルの視点でも物語での役割でもめちゃくちゃ好きだ)
(あと、パーシヴァルが好きな曲として「ラジオ・スターの悲劇(原題:Video Killed the Radio Star)」が上がったのもめちゃくちゃテンションが上がった。思い入れのある曲なので)
で、パーシヴァルとアルテミス、一体何を踊るのかと思ったら、これ。
Stayin’ Alive。
 
いや、わかる。
たしかに自分も好きな曲だ。
でも、自分がこの曲を知っているのは「ハッチポッチステーション」の影響にすぎないし、一般的には2018年現在でもかなり古い曲で、それを2045年のティーンエイジャーが踊るのか?
そういう疑問は、しかし、2人の踊るシーンを見れば掻き消える。
仮想世界、空中のフィールド(宙に浮いた床と書いたほうが伝わるか)の上で完璧に踊る2人。
CGとしての美しさとモーションキャプチャによるリアルさが入り混じり、お気に入りのシーンの一つとなった。
 

6. シャイニング

正直な話、「シャイニング」を見たことがない。
(そもそも、スティーヴン・キング作品で読んだことがあるのは「グリーン・マイル」だけで、色々と積んでいる……)
しかし、VRの世界でホラー映画のシーンを体験すること自体や、エイチ以外の4人(パーシヴァル、アルテミス、ダイトウ、ショウ)の知り尽くした感じ、そしてエイチの反応。
原作を見ていないことを大きく後悔しながら、第2の試練のシーンを見ていた。
とにかく映画を全く知らなかったので、初めに斧で襲われるシーンでは、席からボーンと飛び出すくらい驚いてしまったので、次回は予め情報を知った上で臨みたい。
(次に本作を見る前にはシャイニングを見るつもりだが、次回は3Dで見ようと考えているため、またボーンと席から飛び出してしまうかもしれない)
 

6.5.  スターウォーズ エピソード4

話は大きく飛んで、第3の試練。
パーシヴァル(ウェイド)の叔母夫婦の家が爆破されたり、サマンサと出会ったりIOIに襲われたりサマンサが捕まったりエイチたちと合流したりと、色々とあった後。
アルテミスが逃げ出してバリアを解除する一連のシーン、見ていた時に軽微な既視感を感じていたのだが、パンフレットを読んで理解した。
そのシーンは、スターウォーズ  エピソード4でのオビ=ワンが元ネタだった。
柱への隠れ方や、敵から隠れて遠隔操作で解除するなど、確かに! と思ったためメモ代わりとして記しておきたい。
 
7   3式機竜
ラストバトルで、敵のソレントが出してきたのが、まさかの3式機龍。
これまでに3つメカゴジラが登場した中でも、自分の世代にドンピシャであり、かつゴジラの骨を使ってるなどの設定やデザインも大好きな3式機龍が、ここで出てくるとは、と思った。
初めは単にゴジラだと思っていたのだけれども、これ、メカゴジラじゃん! と気づいたときの、テンションの上がり方。
後のシーンも含めて、本当にここからは息をつく暇もなかった……。
 

7.5 .トレーサー(その他各種ゲームなどのキャラ?)

全プレイヤーが集まってくるシーンで、ウォークラフトっぽいキャラは色々と見つけられたのだが、それ以外だとOverwatchのトレーサーしか気づくことができなかった。
一番前に出てきたキャラの中で馴染みがあった、ということと、映画館でめちゃくちゃ端っこの席に座ってたので小さいキャラが見づらかったのもあり、春麗などが出ていることに気がつけなかった。
これは、もう一度見に行った際のよく確認したいポイント。
 

8. ガンダム

これはずるかった。
ガンダムシリーズは00(とビルドファイターズ)しか見てない自分のような人間でも、あれはずるい。
「俺はガンダムで行く」
このセリフ、事前のPVなどを一切見ないようにしていたため、劇場で聞いた際には、本当にもう「この作品は神か!」とまで思うほどだった。
このシーンまでの間に、エイチのアイアン・ジャイアント、ショウの手裏剣(これの元ネタまでパンフに書かれていた)、パーシヴァルとアルテミスのドライビングやいろいろな武器とチャッキーなど、いろいろな作品のネタが登場していた。
しかし、その間何もせず、ただ最高のタイミングを見計らい、ただ一言、放つ。
そして、初代ガンダムが登場し、ポーズまで決め、3式機龍と戦い始める。
本当にもう、夢が盛りに盛られた素晴らしいシーンで、ここだけ日本語が使われる、というのも含めて最高に良かった。
字幕で見てよかった、と感じたシーンだった。
(ただ、次は3D吹き替えで見る予定だけれども)
 

 終わりに

その他、古い作品が多数出てきて(スーパーマンスターウォーズターミネーター2と言った映画の影響も大きい)、全てが拾いきれるものではない。
しかし、大概のいわゆる「オタク」と分類される人であれば、何かしら思い入れのあるものが見つかるか、それともパーシヴァルの思いへ共感するかして、とにかく楽しむことができる映画だったと思う。
 
一方で、「オタク」でない人から見ると、どう映るのか。
そこだけが、ただただ気になっている(Twitterで見かける感想もだいたいオタクの感想だし)。
 
まあ、もう一度見に行った際に周りの反応などを見れば、わかるだろう。
とにかく、今作「レディ・プレイヤー1」は、自分の好きなスピルバーグ作品の3本の指に入り、もしかすると1番になるかもしれない(ちなみに、他に好きなスピルバーグ作品の3本の指に入る作品は、「ジュラシック・パーク」と「プライベート・ライアン」)。
それくらい、素晴らしい体験を得られた作品だったので、願わくばスピルバーグが監督して、続編が出ないものか。
気が早いが、そんなことを考えてしまうのであった。
 
以上。
それでは。
 
P.S.  
GWに映画館で見たい(またはもう一度見たい)映画が今のところ4本あって、金銭的にも時間的にも大変なことになりそうな予感が、今からしている。
 
レディ・プレイヤー1(ソング・アルバム)

レディ・プレイヤー1(ソング・アルバム)

  • アーティスト: サントラ,ブライアン・グエン
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック
  • 発売日: 2018/05/09
  • メディア: CD
  • この商品を含むブログを見る